So-net無料ブログ作成
検索選択

92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット
ニキビ 方法 大人 スキンケア ブログトップ

ニキビ跡 [ニキビ 方法 大人 スキンケア]

ニキビ跡ができる原因


ニキビができてしまうとテンションが下がりますよね。自然に治ればいいですが、重症化してしまうとニキビの跡がでてきしまうので余計に厄介です。この跡については治るものもあれば、治らないものもあります。

赤みやシミができた跡についてはスキンケアで治ることが多いですが、陥没してブツブツができてしまった場合には治すのが難しいといわれています。この状態は肌の奥までダメージがある状態なので肌の代謝、ターンオーバーだけでは改善しにくいです。

状態によってはきれいになる場合もありますが、目立たなくなるだけということもあります。ニキビ跡ができるかどうかは肌質によっても異なります。一般的に肌の硬いかたは跡が残りやすいといわれています。また、ニキビが重症化することでできるリスクが高まります。炎症が起きて膿ができる黄ニキビになるとできやすくなるのでこの状態に行く前に治すのが大事です。

ニキビ跡のケアのポイント


ニキビ跡ができた場合には、保湿をしっかりと行い新しいニキビができるのを予防しつつ、ピーリング化粧品でターンオーバーを促すの有効です。古い角質を除いて肌の代謝を良くすることで赤みやシミが目立たなくなります。ピーリングをすることで肌の弾力もアップしますので陥没も目立ちにくくできます。

また、赤みやシミの跡についてはビタミンC誘導体も有効です。イオン導入器を使うことでより肌の奥まで有効成分を浸透させられますのでおすすめです。美容皮膚科でもイオン導入という施術があるのでお金と時間に余裕があればこうしたものを受けてみるのもいいと思います。

陥没ができている場合には、皮膚の細胞が破壊されている状態だと自力でのスキンケアは難しいです。再生技術とかケミカルピーリングなどの方法が必要になったりしますので美容皮膚科で診断してもらったほうが確実です。

いずれのニキビ跡であれ、できてからだと治療が大変になりますので、ニキビの予防をして跡を作らないようにしましょう。




タグ:ニキビ跡

大人ニキビの予防、改善のためのスキンケア [ニキビ 方法 大人 スキンケア]

キレイで若々しい肌を作るためには日頃の積み重ねが大事です。間違ったスキンケアをしているとニキビが治りにくくなりますし、新しいのが次々にできてしまう可能性もあります。正しいスキンケアを行うことで肌の状態も改善してニキビになりにくい肌になれます。

・正しい洗顔をする
ニキビができるのは顔が汚れているからだと思ってゴシゴシと何度も強く洗う方がいますが、これは良くないです。洗顔料で強く洗ってしまうと肌の潤い成分が一緒に流れてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥しやすくなることで表面がごわつきやすくなり毛穴がふさがりやすくなります。そうすると毛穴にアクネ菌が増殖してニキビができやすくなります。また肌の潤いが失われることで肌のバリア機能が低下して、紫外線のダメージも受けやうくなり、シミやシワの原因にもなります。

洗顔の際はよく泡立てた洗顔料でやさしく洗いましょう。泡立てることで泡が汚れや皮脂を浮き上がらせて肌をキレイにできますのでゴシゴシ摩擦で擦る必要はありません。朝と夜1日2回の洗顔を守りましょう。すすぎ残しがあるとその部分にニキビができやすくなるのでしっかりすすぎ残しがないようにしましょう。

・美容液を使う
肌の乾燥はニキビのリスクを高めるので保湿が大事です。美容液は保湿成分がしっかりと含まれたものを使うと効果的です。セラミド配合の美容液は即効性もあるのでオススメです。ほかにもビタミンC誘導体を含む美容液もオススメです。高い抗酸化作用があるので老化の予防になり、肌質も向上します。

こうした化粧品を使う際には適切な量をつかいましょう。化粧品が高いからと量を節約している方もいますが、これだと化粧品の効果が十分発揮できません。ただしい量を使ってしっかりケアしましょう。

・紫外線対策をする
紫外線対策が十分でないと肌の状態がどんどん悪化してしまいます。乾燥もしやすくなりますし、肌にダメージを受けてニキビだけでなく、シミ、シワにもなりやすくなってどんどん老け顔になってしますので、年間を通して紫外線対策をしていきましょう。

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s.jpg

タグ:ニキビ 大人
ニキビ 方法 大人 スキンケア ブログトップ