So-net無料ブログ作成

92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット

赤ニキビのケアのポイント [ニキビ 方法 大人 紹介]

赤ニキビの治療と対策


赤にきび つぶす


ニキビはいくつかの段階によって呼び名が変わり、赤にきびは炎症を起こしてる状態です。白にきびから黒、その後に赤にきびになっていきます。また、この赤にきびがさらに進行すると膿ができて黄色にきびなってしまいます。この状態まで進行してしまうと毛穴が破壊されて陥没などで跡ができる可能性が高いです。

ニキビの種類によっては潰すことで早く治る場合があります、赤にきびの状態では潰すのは厳禁です。炎症が起きてる状態で潰すとダメージが大きく潰すことによって跡ができやすくなります。無意識に触ったりしてると潰れてしまうこともあります。跡が残ると治療も大変になるので絶対にいじらないようにしましょう。気になる場合でも触らないようにしましょう。

赤ニキビ 漢方


根本的なこととして体質の改善を行うことはもちろんですが、皮膚科に行って薬を処方してもらうのも有効です。体質的、遺伝的ににきびができやすいという方もいますので医師に相談して、状態をみながら治療を進めていきましょう。病院によっては漢方薬を処方してくれるところもあります。漢方薬であれば副作用のリスクもすくなく体質改善によって根本的に治りしやすくなります。

病院で処方してもらうことで保険も適用されますので月に3000円位でも受けることができます。にきびであれば1ヶ月でよくなることも多いようです。ずっと飲み続ける必要もありませんし、効果がでやすい有効な方法です。肌質によって効果のでやすいでにくいがありますので医師と相談して処方してもらうようにしましょう。

赤にきび 塗り薬


体質改善が治すのに必要ですが、すぐに効果的に治したいという場合には塗り薬を活用するのも効果的です。こういった薬は炎症を抑えてくれますのでさらに悪化することを防いでくれます。

ドラッグストアなどで市販されてるもののなかでは、フキディア、クレアラシル、ペアアクネクリーム、テラコートリルなどが効果があるといわれていて人気です。ただ、こういった薬にも個人差がありますので注意が必要です。肌の状態というのは人それぞれ違ってきますのでほかの人が絶賛していてもあなたには合わないということもありますので気をつけるようにしましょう。

安全のためには実際に皮膚科にいって医師に肌の状態をみてもらい薬を処方してもらうのが確実かもしれません。病院に行くのはちょっとめんどくさいかもしれませんが、にきびを早く治すためには専門家の知識や経験を頼ったほうが良いと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。