So-net無料ブログ作成

92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れにラ・ミューテ美肌セット

ニキビ跡 [ニキビ 方法 大人 スキンケア]

ニキビ跡ができる原因


ニキビができてしまうとテンションが下がりますよね。自然に治ればいいですが、重症化してしまうとニキビの跡がでてきしまうので余計に厄介です。この跡については治るものもあれば、治らないものもあります。

赤みやシミができた跡についてはスキンケアで治ることが多いですが、陥没してブツブツができてしまった場合には治すのが難しいといわれています。この状態は肌の奥までダメージがある状態なので肌の代謝、ターンオーバーだけでは改善しにくいです。

状態によってはきれいになる場合もありますが、目立たなくなるだけということもあります。ニキビ跡ができるかどうかは肌質によっても異なります。一般的に肌の硬いかたは跡が残りやすいといわれています。また、ニキビが重症化することでできるリスクが高まります。炎症が起きて膿ができる黄ニキビになるとできやすくなるのでこの状態に行く前に治すのが大事です。

ニキビ跡のケアのポイント


ニキビ跡ができた場合には、保湿をしっかりと行い新しいニキビができるのを予防しつつ、ピーリング化粧品でターンオーバーを促すの有効です。古い角質を除いて肌の代謝を良くすることで赤みやシミが目立たなくなります。ピーリングをすることで肌の弾力もアップしますので陥没も目立ちにくくできます。

また、赤みやシミの跡についてはビタミンC誘導体も有効です。イオン導入器を使うことでより肌の奥まで有効成分を浸透させられますのでおすすめです。美容皮膚科でもイオン導入という施術があるのでお金と時間に余裕があればこうしたものを受けてみるのもいいと思います。

陥没ができている場合には、皮膚の細胞が破壊されている状態だと自力でのスキンケアは難しいです。再生技術とかケミカルピーリングなどの方法が必要になったりしますので美容皮膚科で診断してもらったほうが確実です。

いずれのニキビ跡であれ、できてからだと治療が大変になりますので、ニキビの予防をして跡を作らないようにしましょう。




タグ:ニキビ跡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。